社員紹介

てのお客様に心地良く過ごしていただくために
笑顔に溢れる店づくりを心がけています。

佐藤 希恵/2016年度入社 
上島珈琲店 トレッサ横浜店 店長

学生時代にアルバイトしていたカフェの女性店長の働く姿に憧れ、接客業を目指すようになりました。店長を中心に良いチームワークが生まれ、お客様がスタッフみんなを慕ってくださるという、楽しい体験をしました。また、コーヒーとカフェの空間が好きで、「好きな空間の中で、好きなことを仕事にしたい」ことを軸に就職活動をしました。就活中、UFSの説明会で2014年度ワールドサイフォニストチャンピオンシップチャンピオンのお話を伺い、コーヒーと真摯に向き合う姿に魅了され、UFSを志望しました。入社後の2年間は接客が中心でしたが、昨年6月に店長となり、「ヒト(シフト管理、育成)・モノ(発注、ロス管理)・カネ(売上)」の管理を行うようになりました。仕事で心がけていることは、どんなときにも笑顔を絶やさないこと。当たり前だからこそ大切なことだと実感しています。疲れていてもパートナーやお客様に対して笑顔でいることで、お店が活気づき、お客様にも笑顔になっていただけます。日々の営業の中で、お客様から「いつもありがとう」「おいしかったよ」と声をかけられることが多く、お客様に楽しい時間を過ごしていただけたと感じることが喜びです。最近は、パートナーが成長していく姿を見ることにも喜びを感じます。お互いが高め合ってチームワークがつくれていると感じたときの誇りとやりがいは、サービス業だからこそ味わえるものだと思います。目下の目標は、商業施設の中にあるお店だからこそできる店づくりを行うことです。季節ごとのイベントに積極的に取り組むことに加え、入社以来考えていたコーヒーの淹れ方教室を今春から開催します。教室を定期的に開講することで、16年、17年のUCCコーヒーマスターズの関東大会で優勝した経験をお店に還元したいとの思いもあります。今年は競技会に再びチャレンジし、結果を残していきたいです。

心に余裕をもって接し、その人に合った教え方で支えていくことが
若い世代の成長、そしてUCCブランドの価値向上につながると考えています。

川合 哲寛/2003年度入社 
UFS営業本部上島珈琲店営業部東日本1ブロックマネージャー

現在、ブロックマネージャーとして、1. 担当ブロック(東日本の16店舗)の売上・利益の目標達成、2. 店長とマネージャー候補の教育、3. 店舗運営を通じてUCCブランドの価値向上を図ることを任務としています。学生時代はバスケットボールに打ち込み、キャプテンを努めました。そのときの経験が今も自身の礎になっています。人に教えることが好きで体育教員を目指した時期もありましたが、店舗経営にも興味があり、店長になれば人に教えることも店づくりもできると考え、この世界に入りました。毎日3店を回り、店舗のオペレーションをチェックし、店長やパートナーをサポートしています。物事を教える際は、その人に合った教え方をすることを心がけています。男性・女性、学生、フリーター、主婦では、それぞれ考え方や上達への道筋が全く違います。会話などを通して短時間で最もその人に合う教え方を探るようにしています。仕事をする上で大切にしているのは「仕事は楽しく。頑張りすぎず、心の余裕をもつこと」です。店長と共に店舗運営をしていく中で、私が心の余裕をもって接し、導いていくことで、若い世代が次のステップに進む意欲をもち、それがUFSの発展につながると考えています。そのためには、頑張りすぎないことも大事です。常に気持ちに余裕をもって一歩引いて全体を見ることで、正しい判断を行えるように努めています。仕事にやりがいと誇りを感じるのは、“部下の成長”を感じる瞬間です。いい成績を収められたときは一緒に喜び、できる業務が増えた、発言がしっかりしてきたなどの変化に気づくと、心の中で「よくやった!えらいぞ!」と叫んでいます。失敗の数は成功の鍵です。なりたい自分を想像して目標をもって取り組めば乗り越えられないことはありません。私自身、成長のためにさまざまな業務に挑戦していきたいです。